長期転勤のためマンションを賃貸に出すことになりました

海外赴任前にチェック

それに加えて、ローンの支払いを考えるとかなりの金額を毎月払うことになることが判明し、単身赴任も考えましたが、家内が子供と離れて暮らすのも教育上よく無いと言い、管理会社以外で管理を専門に行う会社を何件かピックアップして相談しましたが、値段の安いところは管理に不満があり、結局満足するレベルで管理を依頼すると7万円以上掛かることが判明しました。
転勤まで半年に迫ったころにマンションの管理会社から賃貸に出すことを考えて見たらどうかとの案内があり、家内と管理会社に行き、説明を受けました。
家賃で毎月のローンとボーナス払いが払える金額でプラスにはなりませんが、損はない話だと感じましたが、まだ住んでから間もないのと、キッチン周りとバスルームはリフォームをしたばかりで、6年後戻ってきたらリフォームした場所や、部屋自体が汚されている懸念や、他人が6年住んだ後にまたその家に住むことへの抵抗もあり、直ぐに決めることは出来ませんでした。
転勤まで5ヶ月を切ったころ、転勤先のオーストラリアの住まいや子供の学校などの手続きをする時期になり再度管理会社と相談し賃貸に出すことに決めました。
但し購入したマンションを他人に貸すことに抵抗があったことは事実で、この考えは転勤直前まで変わりませんでした。
貸すことが決まると、最初にすることは管理会社系列の不動産会社に賃貸に関する契約を行うことでしたが、その時に聞かれたのが、家財道具をどうするかです。
テレビや冷蔵庫などの家電やキッチンの食器棚、リビングのソファーやダイニングテーブル、ベットなどをどのようにするか家具付きで貸し出すのか、無しで貸し出すのかを決める必要があり、そこまで考えていませんでした。

商社勤務なら、長期赴任は当たり前海外赴任前にチェックマンション貸出はプロに相談最近購入した都内にあるマンションを賃貸に出すことにした

長期赴任ならマンション貸出がお得賃貸マンション!持ち家を賃貸に出すときの留意点3つ【体験談】 | ietty magazine